食戟のソーマ

今回は食戟のソーマ7巻の【トンポーローカレー丼】を美味しく作る2つのコツ

 

 
BULL
今回は食戟のソーマ7巻の【トンポーローカレー丼】について解説するよ。
 

【トンポーローカレー丼】が分からないと言う方でも、簡単に説明しているから安心して読んで欲しいんだ。  

本記事では、【トンポーローカレー丼】】の基本的な作り方と美味しいしく作る3つのコツについても解説してるよ。
 
【トンポーローカレー丼】がカレー料理と呼べるのかはおいておくんだ。
カレー料理じゃなくてカレー風味の料理じゃないかと言う意見もあるだろう。
でも、それを言い出したらキリがないからね。
 
一つ言えることは、男はこう言う料理が好きなんだ。
女性はこの料理が作れると、気になる男子の胃袋を掴む事が出来るんだ。
 
材料も揃え易いし見た目のインパクトもあるから、ぜひ最後まで読んで挑戦してもらいたいんだ。
 

食戟のソーマ7巻のあらすじ

食戟のソーマ7巻のあらすじ

秋の選抜へ

遠月学園の秋の選抜をかけた戦いの真っ最中。 60人の出場者の中から本戦への出場出来るのは8人のみ。

 

本戦出場を目指して、「カレーバトル」が始まる。

 

【トンポーローカレー丼】は肉魅の作ったカレー料理なんだ。 男受けは抜群なんだよい。

 

【トンポーローカレー丼】

【トンポーローカレー丼】

出典:食戟のソーマ コミック7巻

 

 
BULL
【トンポーローカレー丼】の作り方を解説するよ。

【トンポーローカレー丼】を知らない人もいるかもしれないから、作り方を簡単に説明するよ!!

 

下記の分量は漫画に掲載されている通りで、2人前の分量なんだ。  

 

【トンポーローカレー丼】の材料

★材料

豚バラ肉・・300g

長ネギ・・・1本

青梗菜・・・1株

生姜・・1かけ

八角・・・1個

花椒(ホアジャオ)・・・5粒  

 

★煮込み出汁の材料

水・・・1L

果粒鶏ガラ・・・7g  

 

★合わせ調味料の材料

紹興酒・・・100g

砂糖・醤油・・・各30g

オイスターソース・・・10g

カレー粉・・・・5g  

 

【トンポーローカレー丼】を作る4手順

【トンポーローカレー丼】を作る4手順

 
BULL
【トンポーローカレー丼】を作る4つの手順を解説するよ!

漫画のレシピ通りに解説していくよ。  

 

  1. 豚バラ肉をした茹でする
  2. 野菜の下ごしらえをする
  3. 豚バラ肉を煮込んでいく
  4. ソースに濃度をつけ盛り付けて完成

 

豚バラ肉をした茹でする

豚バラ肉は5cm角に切って、たっぷりのお湯で10分下茹でする。

下茹でした豚バラはフライパンで、キツネ色になるまで焼く。

 

野菜の下ごしらえをする

長ネギは白髪ネギに、生姜は薄切りに、青梗菜は4等分にして塩茹でしておく。

 

豚バラ肉を煮込んでいく

圧力鍋に煮込み出汁の材料を入れ火にかけ沸騰させ、焼き色をつけた豚肉と生姜、八角、花椒、長ネギの青い部分を入れて蓋をして、20分間高圧で煮込む。
 

蓋を開け合わせ調味料を加え、さらに約15分煮込む。

 

ソースに濃度をつけ盛り付けて完成

 

醤油とオイスターソースで味を調え水溶き片栗粉でとろみをつける。

 

ご飯に岩塩、藤椒油(タンジョウユ)を適量加えて混ぜる。

煮込んだ豚バラ肉と、白髪葱、青梗菜をトッピングして完成。

 

【トンポーローカレー丼】を美味しく作る2つのコツ

【トンポーローカレー丼】を美味しく作る2つのコツ

 
BULL
【トンポーローカレー丼】を美味しく作る3つのコツを紹介するよ!
 
今回は美味しく作るコツと言うよりは応用に近いんだ。
漫画の作り方で十分美味しいからね。
 
材料さえ揃えれば簡単に美味しく作れるんだ。
 
2つの方法を紹介するよ!
 
  • 小麦粉を付けて焼く
  • 豚バラ肉を揚げて作る

 

小麦粉を付けて焼く

漫画のレシピでは10分間の下茹でをしてるんだけど、あまり意味がないからやらなくても大丈夫なんだ。

実際下茹でする理由も書かれてないからね。

 

下茹でする理由は脂っぽさを落としたいと言うのが大きな理由だけど、【トンポーローカレー丼】では脂っぽさを落とす必要はないんだ。

 

ブリンブリンの脂があった方が美味しいよ。

 

茹でるよりも塩、胡椒して、小麦粉とカレーを混ぜたものをまぶしてフライパンでやい色を付けた方が美味しくなるんだ。

カレーの風味も強くなるし、ソースにとろみがつきやすくなるから片栗粉も必要なくなるんだ。

 

洋食系の煮込み料理はこの技法で作る事が多いからオススメ。

 

豚バラ肉を揚げて作る

豚バラ肉を揚げて作る

 

これは完全にアレンジの作り方なんだ。

そんな作り方もあるんだ程度に読んでみてね。

 

豚バラ肉は唐揚げのように下味の調味料につけ込んで、さっきのように小麦粉とカレー粉を混ぜたもので油で上げて加熱するんだ。

 

 

油であげることによって、外はカリカリ中はジューシーな豚バラ肉カレー風味唐揚げを作るんだ。

 

そこに別で作った合わせ調味料のソースをかけても良いし、軽く一緒に煮込んでご飯の上にかけても美味しいだ。

 

豚バラ肉を揚げて作る場合、重くなるからキレがよくなるように酸味のあるものを少し混ぜとくと飽きずに食べられるんだ。

バルサミコ酢や黒酢なんかが良いだろうねい。

 

 

【トンポーローカレー丼】を美味しく作る2つコツのまとめ

【トンポーローカレー丼】を美味しく作る2つコツのまとめ

 
BULL
【トンポーローカレー丼】を美味しく作る2つコツを解説したよ!!
 
【トンポーローカレー丼】はブリンブリンの食感を残して作るのがポイントだよ。
 
煮込みの肉料理だと、ホロホロに解けるような柔らかいお肉が美味しいと思われがちだけど、【トンポーローカレー丼】はブリンとした食感を残した方が食べ応えもあって美味しいんだ。
 
柔らかいだけが美味しいではないんだ。
 
あとはカレーの風味も忘れてはいけないよ。
 
カレーの風味がなければ【トンポーローカレー丼】にならないからね。
 
ただの角煮丼だよ。
それでも美味しいけどね。
 
料理は自由に楽しく作る事が大事なんだ。
しんどい顔しながら作る料理は美味しくならないんだ。
本当だよ!

 

でもね、料理は作る事が一番大事なんだ。   僕みたいに作らずに解説ばかりしてるなんてロクなやつじゃないんだよ。

誰かの為を思って作る料理が一番美味しく出来るんだよ。

これは本当だよ!