食戟のソーマ

食戟のソーマ5巻の【すみれ印の唐揚げロール】を美味しく作る3つのコツ

 

 
BULL
今回は食戟のソーマ5巻の【すみれ印の唐揚げロール】について解説するよ。
 

【すみれ印の唐揚げロール】が分からないと言う方でも、簡単に説明しているから安心して読んで欲しいんだ。   読んでみて美味しそうか判断してみてね。

 

本記事では、【すみれ印の唐揚げロール】の基本的な作り方と美味しいしく作る3つのコツについても解説してるよ。
 
【すみれ印の唐揚げロール】はコツさえ抑えれば簡単にできるんだ。
特に唐揚げとソースに注意すれば美味しく出来るから、ぜひ最後まで読んで挑戦してもらいたい。
 

食戟のソーマ5巻のあらすじ

食戟のソーマ5巻のあらすじ

合宿が終了

食戟のソーマ5巻の後半は創真が遠月学園の合宿を終え、創真の実家「お食事処 ゆきひら」に戻る。

 

そこで商店街の人たちに新しいから「駅ナカができたせいで売上が落ちている。」と相談される。

 

その駅ナカの人気店の唐揚げ屋からお客さんを商店街に戻す為に、商店街で名物の唐揚げ料理を作る事に!

 

【すみれ印の唐揚げロール】

出典:食戟のソーマ コミック5巻

 

 
BULL
【すみれ印の唐揚げロール】の作り方を解説するよ。

  【すみれ印の唐揚げロール】を知らない人もいるかもしれないから、作り方を簡単に説明するよ!!  

【すみれ印の唐揚げロール】の基本の作り方

【すみれ印の唐揚げロール】は一言で言うとエスニック風唐揚げを生地で包んだ料理なんだ。 これだけでも美味しそうだ。   使う材料はシンプルなんだ。  

  • 鶏のもも肉
  • リーフレタス
  • 紫蘇
  • バインセオ
  • ソース

 

鶏のもも肉

鶏のもも肉はスーパーものでOK。 1口大の大きさに切っておいてね。

 

地鶏を使う必要はないよ。

鶏もも肉をりんご・玉ねぎをすり下ろしたつけだれに入れしっかりと味を染み込ませるんだ。

 

 

つけだれは、擦り下ろした生姜、にんにく、醤油。黒胡椒、一味唐辛子、鶏ガラスープの素を合わせて作る。

 

混ぜるだけでいいから、簡単だね。

 

擦り下ろすのが面倒だと思ったらフードプロセッサーかミキサーを使って混ぜても大丈夫なんだ。  

 

リーフレタス

リーフレタスはしっかりと水で洗い、水気をしっかりときっておくんだ。

 

水気が残っているとベチャベチャになってしまうからね。

全てが台無しになってしまうよ。  

 

紫蘇

大葉の事だよ。  

 

バインセオ

バインセオはよくわからないと言う人も多いと思うけど、クレープ生地みたいなもんだよ。

 

薄力粉・上新粉・ターメリックにココナッツミルクと水を加えしっかりと混ぜ、フライパンで薄く伸ばして焼いたものなんだ。
 

クレープの生地に近いけど牛乳の代わりにココナッツミルクになっている事、卵を使って無いと言うのが大きな違いだよ。

 

ソース

ソースはチリソースとナンプラーレモン汁を混ぜたものなんだ。

 

チリソースはスイートチリソースにしても美味しいよ。

チリソースだと辛酸っぱいキレの良い味になるし、スイートチリソースだと甘辛酸っぱいソースに仕上がるんだ。

 

どっちも唐揚げとの相性は良いから2種類あっても良いね。  

 

【すみれ印の唐揚げロール】を作る手順

 
BULL
【すみれ印の唐揚げロール】を作る手順を解説するよ!

 

  1. 鶏もも肉を漬け込む
  2. バインセオを焼く
  3. ソースを作る
  4. 唐揚げを揚げる
  5. 盛り付ける

 

鶏もも肉を漬け込む

つけだれを作って、鶏もも肉を漬け込むんだ。

ボールやバットに入れてもいいし、ジップロックの様な袋に入れてもOK。

 

バインセオを焼く

鶏もも肉をつけ込んでいる間にバインセオを焼くんだ。

お店で作るならバインセオも焼き立てが良いけど、家庭で作るなら焼いておいた方が便利なんだ。

 

ソースを作る

ソースを合わせて作っておく。

 

唐揚げを揚げる

つけ込んでいた鶏もも肉に片栗粉をつけて揚げていくんだ。

たっぷりと片栗粉をつけ、余分な片栗粉はしっかりとはたき落とすよ。

 

油は180度で温度が下がらない様に揚げていくんだ。

 

網杓子ですくって空気に触れさせる事で、2度揚げの効果があると言うのは嘘だよ。

 

嘘では無いけど、数秒空気に触れさせただけではほとんど効果は無いんだ。

詳しくは後述するよ。

 

盛り付ける

バインセオを広げ、リーフレタス、紫蘇、香菜、唐揚げ、ソースをのせてクルッと包んだら完成だよ。

唐揚げが熱々のうちにソースをかけると、よく染み込んで美味しくなるよ!

 

【すみれ印の唐揚げロール】を美味しく作る3つのコツ

 

【すみれ印の唐揚げロール】を美味しく作る3つのコツ

 
BULL
 【すみれ印の唐揚げロール】を美味しく作る3つのコツを紹介するよ!
 
次の2つの点を気を付ければおいしい【スフレオムレツ】を作ることが出来るから、真似して作ってみて欲しいんだ。
コツが分かればそんな難しい料理では無いんだよ。
 
  • つけだれをしっかり作る
  • バインセオを使う
  • 2度揚げする

 

つけだれをしっかり作る

 

【すみれ印の唐揚げロール】を美味しく作るコツはつけだれをしっかりと作る事なんだ。  

味の8割はつけだれだよ。

 

漫画のレシピに掲載されているもので十分美味しいから、しっかりと計量してつけだれを作って欲しいんだ。

 

慣れてきたら、アレンジをしてみるといいよ!

 

にんにくや生姜の分量を変えたり、レモン果汁を加えたり、蜂蜜を加えたり。

スパイスやハーブを加える事もできるんだ。

 

唐揚げが美味しく無いと成立しない料理だから、唐揚げのつけだれはとっても重要なんだ。

 

バインセオを使う

【すみれ印の唐揚げロール】はバインセオを使うのがポイントなんだ。

 

漫画でもあるんだけど、イメージは唐揚げとご飯がベースの考え方なんだ。

 

だから米粉で作る事に意味があるんだよ。

 

それを小麦粉でやってしまってはちょっと残念だね。

小麦粉で作っても美味しくはできるんだ。

でもね、食べる人への思いが込められてない料理になってしまうんだ。

バインセオを美味しく焼くには、フライパンに薄く流し入れ弱火で焼くんだよ。

 

生地の縁がパリッとしてきたら、全体的に火が通っているから裏返して数秒程度焼けばOK。

 

クレープを焼く時の要領と一緒なんだ。

 

2度揚げする

【すみれ印の唐揚げロール】を美味しく作るには唐揚げを2度揚げするんだ。

 

2度揚げする事で外はカリッと中はジューシーは唐揚げができるよ!
 

ただ、2回揚げれば美味しくなると言うもんでもないんだ。

1回目と2回目の揚げでは目的が違うんだよ。

それを理解していないと美味しい唐揚げは揚げられないんだ。

 

1度目の揚げでは鶏もも肉の中心まで加熱する用の揚げなんだ。

少し低めの温度でも構わないんだ。160〜180度だね。

 

鶏肉だからしっかりと加熱しなければ、食中毒になってしまうからね。

唐揚げは油に面しているとこから加熱して、中心に向かって火が入っていくんだよ。

 

だから外側と中心部で加熱の差があり、真ん中が生だって事が起こるんだ。

1度目の揚げは中心まで加熱するのが目的で、余熱も含めて中心まで加熱するんだ。

 

2度揚げまでに休ませるのも、余熱で中心まで加熱している途中なんだ。
 

2度目の揚げでは表面をカリッとさせる事が目的なんだ。

1度目の揚で中心部まで加熱できてるから、中はジューシーな状態だよ。

 

あとは表面をカリッとさせるだけでいいから、少し高めの温度180〜200度くらいで短時間で表面をカリッとさせるイメージで揚げるんだ。
 

上記が唐揚げを2度揚げする理由なんだ。

これを理解していると、外はカリ中はジューシーな唐揚げがあげられる様になるよ!

 

【すみれ印の唐揚げロール】を美味しく作る3つのまとめ

【すみれ印の唐揚げロール】を美味しく作る3つのまとめ

 
BULL
【すみれ印の唐揚げロール】を美味しく作る2つコツを解説したよ!!
 
【すみれ印の唐揚げロール】は簡単な料理だよ。
 
唐揚げが美味しく作れれば、バインセオはトルティーヤで代用してもいいんだ。
美味しく作るコツではバインセオを使うべきと言ったけどね。
 
美味しいは人それぞれ心の中にあるんだ。
そこ心の美味しいスイッチを押す事が出来れば、バインセオじゃなくてトルティーヤでもクレープ記事でもOK。
 
料理は自由に楽しく作る事が大事なんだ。
しんどい顔しながら作る料理は美味しくならないんだ。
本当だよ!

 

でもね、料理は作る事が一番大事なんだ。

 

僕みたいに作らずに解説ばかりしてるなんてロクなやつじゃないんだよ。

誰かの為を思って作る料理が一番美味しく出来るんだよ。

これは本当だよ!